暮らし」カテゴリーアーカイブ

高津直美

 
塩カレーはうまいなぁ。
 
エビオスピルクルも飲んだ。
 
明日は元気かな?

通勤は地獄だけど、探せばいい物件はある。東京へ出てくる人に役にたてたらと・・・

東京は、通勤に時間がかかるようになってるのが構造的に経済を悪くしていると思う。知っている人に、丸の内に通うのに鎌倉からという人がいた。海が好きだったらしいのと、老後の生活にいいと、金銭的理由ではなく、通勤で時間を犠牲にする方を選んだのだろう。ま、定年近くになったら、出社して部下の報告を聞くだけとか、司令塔としての仕事しかしていなかったみたいだから、通勤中は、本を読んだりのんびりはしていたとは思う。不満足なことはなかっとは思う。しかし、部下の方は、結婚して家族が増えれば、居住スペースを広くするために、隣県に越すしかなくなって、片道1時間以上2時間もかかったり、往復4時間ぐらいが無駄になるわけだ。その上、通勤のひどいところは、行きは混雑しているから体力を消耗するし、帰りはゆったりと帰りたいという気持ちになれば、残業の方が楽ということで、結局は効率の悪い仕事の仕方になるわけだ。もっとひどい話だと、重要な幹部になると、新幹線をつかって数年通勤して、そのあと、やっと本社に戻してもらえるというのもあるけど、本社だって自宅から遠いわけで。こうなると、サラリーマンの人生は、通勤が仕事だという人って悪く言えば言えそうだ。ま、だからといって、世の中が変るわけじゃない。結婚すると家族をもつと通勤時間が重くなる人は結婚しなくなるし、そうなると、結婚した人に向けた賃貸物件や一戸建ての売り家が供給過多になって安くなる。そうやって、だんだんと、東京の近くの不動産が安くなってくれば、少子化だって解決するかもしれない。まぁ、何年かかるかわからないけど、通勤時間がかかるような社会である限り、大変だろうなぁ。で、もし、東京で働きたいと思う人に参考になるといいのだけど、山手線の各駅に、電車で30分ででられるところを探すのがよい。新宿池袋渋谷東京秋葉原のそれぞれに30分で出られるところ。あるいは、東京メトロ一本で都心にでられるところ。今のところのオススメは、府中と王子。府中は、競馬場もあって賑やかなところ、王子はある意味、アメリカのハーレムみたいかもしれない。ハーレムは栄えて、その後、荒廃してしまい、クリントン元大統領がやってきて、また栄えてきているらしい。王子が、ハーレムのように荒廃しているわけじゃないけど、栄えてない分、経済的に成長する可能性があるといったらいいか。それに、王子は東京メトロ一本で都心にでてこれるから、いいんじゃないかと思う。ま、その他にも、本八幡とかも駅前にタワーマンションが建っているし、交通の便も都営線とJRもあるので便利だしとか。とにかく、駅を探すのと、行って見る前に、グーグルのストリートビューを見れば栄え方もわかるしね。話を戻して、一番いいのは、本社、企業が、東京23区から移転するのが一番なんだよなぁ。新しく起業したり、会社が成長したりしたら、社員に通勤時間をかけないですむとこに会社を置くというのが、本当は、日本全体のためになるんだと思う。

現在の日本の学校教育に給食は必要ですか? 本当に!

子供の肥満が深刻になっていて運動不足もひどくなってるらしい記事を読んでの感想をダブンする。肥満になれば、運動が負担になるから、運動しなくなるわけだし、肥満の子供を運動させることほど大変なわけで、運動不足を肥満の原因にするのは、ちょっと違うと思う。肥満の原因が、学校給食にあるなんて思っている人はいないだろうから、あえて、子供の肥満は学校給食にありとしたい。というのは、学校給食は、戦後日本が復興するとき、義務教育と平行して栄養状態をよくすることで、よりよい大人に育てるためにしていたわけだ。つまりね、栄養のバランスがいいだけでなくて、充分に高栄養になってる。今は、給食にご飯をつかっていたけど、給食といえば、パンだ。パンはご飯より高栄養だ。その上、牛乳。こちらはカルシウムに重点を置きつつやっぱり高栄養。さらに、マーガリンで高カロリーへと。基本、高栄養。昔の子供なら、学校給食も楽しみになってたはず。で、現代はというと、家でも高栄養をだす、それに、なんといっても、お菓子が豊富だ。とくに子供をみてればわかるけど、小麦粉と砂糖を豊富に使ったものを好むわけだし、ひどいと毎日大人並に食べてしまう。その上、親が牛乳がカラダにいいと牛乳をさらにだしたり、牛乳じゃ不満な子供には、砂糖がたくさん入ってる清涼飲料水まで。当然、こう、高カロリーだと、朝食を食べたくなくなるのは当然なことで、自然の本能で子供は子供なりに調整しているのに、朝食を食べないのはダメだとか言って、結局食べさせてしまうわけで。もう、完全に食べ過ぎていて、だから、運動もできなくなってる。本来の自然な子供の姿というのは、いつも少しお腹が空いて、食べ物を見ただけで涎が垂れるぐらいに戻さないことには、運動不足どうのこうのでは解決しない。で、答えは、ずばり、学校給食をやめることだ。家から、お握りを一つでも持たせてくることだ。で、家族が分量を管理すること。学校がもしするとしたら、野菜ジュースや果物のジュースだけにすればいい。とにかく、学校給食が現代にあっていないのだから、あらためた方がいい。もし、学校給食をやめたら、当然、朝食をたくさん食べるようにもなるのだし。どうしても、学校給食をしたいといるなら、昼食ではなく、朝食を学校で食べて、そのまま勉強して、さらに、昼食も出すというぐらい徹底的に管理しないと無理だろうな。ただ、こうすると、経費は膨らむし、結局は、親、税金の負担が重くなるから無理だし、やっぱり、学校給食をやめるのがいい。