健康」カテゴリーアーカイブ

首や肩は、椅子のせいというよりも、実は正座できないから、実はね。

 肩がこったり首がこったりが酷くなるのは、椅子に長時間座ってたときだという自覚はありませんか? まぁ、PCでネットをすると酷くなるという自覚はあるはずです。で、椅子を変えてみようかとなりますよね。
 もともと日本人は、椅子の生活はしていません。畳の部屋で、正座したり胡坐をかいたりして生活していたのが、戦後、アメリカ文化の影響や憧れから、家でも椅子の生活が主流になった。昔の人は、正座のまま食事をし続けたことができたのに、今では、できる人の方が少ない。正座の暮らしの経験があるお年寄りも、正座はできなくなっています。椅子だと正座ができなくなるのはなぜでしょうか。
 椅子の生活、とくにパソコンをしていると、だんだんと姿勢が悪くなり、猫背に。猫背だと、背中は伸びているのに腹はたるんでいるという状態になる。腹がたるむということは、腹筋が落ちてしまう。腹筋が落ちると、寝ている間、背中と腹が、肩や首を境目に綱引きするように引っ張りあっているのに、腹が弱ければ、妙な位置に首や肩がひっぱり続けられてしまう。そうして、凝りの種が撒かれる。毎日、その種から芽がでて、首も肩もゴチゴチになって痛みだしたりと。つまり、正座ができないのは腹筋がないからで、あれば、太腿にも筋肉がついてきて、正座しても耐えることができて、さらに痺れるまで座れると、世の中で言われてる加圧トレーニングの理論の通り、さらに腹筋や太腿、足全体の筋肉がついてきてと。
 椅子で腹筋が落ちてしまうのは、姿勢のせいだということはハッキリしているので、最近の売れているパソコン用の椅子は、背中を伸ばすように座れる工夫がしているんですよね。腹さえたるまなければ解決と。ほんと、よく考えられてるなぁと思います。まぁ、それで、本当にいい姿勢が維持できればいいんですけど、腹筋がない状態で、背もたれに寄りかかったら、腹筋はつかないまま、背中の筋肉がおちてしまうような。アメリカ人がそうならないのは、彼らが肉体トレーニング好きだし、あと、抱擁しあうハグしあう文化もあって、胴体そのものが鍛えられているので、バランスがとれる椅子が開発されてきたわけじゃないかな。
 とにかく、椅子が変っても、腹筋がなければ、結局は同じなので、ぜひ、椅子の上でも少し足がしびれるまで正座をして、腹筋がついたら、かっこよく椅子に腰掛けて優雅にネットを楽しんでください。



朝も早くから、ご飯とトーストをいっしょに食べてみたのでござるよ。

 朝ごはんをまた工夫してみた。塩とキャノラー油大さじ一杯をふりかけたトーストにご飯を食べてみた。これだけだと、たべずらいから、少したんぱく質の多い具材をいれたわかめの味噌汁もいっしょに。これはこれでなかなか美味しかった。食パンをおかずにするというのが発想が抜きん出ていていいかも。変なことは変だし、さて、検索してみるか。「おかずトースト」というレシピがあった。さすがに、トーストとご飯の両方いっしょに食べるというのは、簡単にでてこないなぁ。ということで、ユニークということで、続けていく気によりなった。あとは、腹持ちが良いかだよなぁ。これは、今日一日が終ってみないことにはわからないけど、たぶん、まぁまぁだと思う。
 トーストにすると、もっと塩を振らないとおかずにならないというのはわかった。それに、キッチン鋏かなんかで、切り分けた方がいい。これに、ソースをかける方が、フライモノを食べてる感じになるはずだから、これの方がおかずぽくなるね。ガーリックバターなんかあれば、最高だなぁ。トースト自体は、美味しいから、まだまだ変化形はできそう。
 次するとしたら、ちぎって食パン粥にするのもいいかも。味は、醤油らーめん風がいいと思う。こちらの方がご飯はすすむと思う。糊の佃煮なんかトッピングしても良さそう。ただ、消化が早くなって腹持ちが悪くなるような気もするなぁ。その分、ご飯を固く炊けばなんとかいけるかなぁ。食パン粥なら、水分が豊富でいいのと、味付けの工夫もいろいろできる。トマト缶を入れて似て、チーズを足したら、最高のおかずになりそうだよね。
 今までは、朝は、ラーメン・ライスを基本にしていたけど、パンご飯も良さそうだよね。そうそう、逆の発想で、味を濃い目にした炊き込みご飯をトーストの上に盛って食べるのもいいかもしれない。トーストにするなら、こっちの方が楽だなぁ。トースト2枚に味付ご飯を半合分をのせるでいいなぁ。トーストの上にご飯は、あまり盛り上げることはできないだろうし。これも、やってみたいなぁ。
 とにかく、今は、炭水化物にはまっていて、手首からヒジまで温かくなるようになった。これはビックリした変化だけど、たぶん、糖尿病の概念が実は間違っていて、日頃から低炭水化物にしすぎて、自律神経がおかしくなっていたのが、このところの高炭水化物で改善したんだと思う。だから、高炭水化物のレシピ研究はつづくよなぁ。だいたい、料理というと、肉、魚、大豆、野菜で考えるものなんだけどね。

一日がしあわせになる朝ごはん
小田真規子
文響社
2015-10-07



眠りの階段落ちー地獄変ー

 今朝はいい目覚めの頂上に近いかなぁ。いいことだ。もともと、若い頃から眠りが悪くてつらい人生だった。眠れないのは楽しくてしょうがないときだけで、ベッドに横たわっても眠れないというのがつらい。眠りのバロメータは、質よりもわかりやすいのは、どのくらいベッドの中にいられるかだ。起きたまま長時間ベッドにいること不快なことはないのが、そもそも睡眠障害のストレスとして積み重なっていくわけだからね。一番、ひどかったときは、ぐっすり眠ったぞと目が覚めたら、15分もたってないという、不眠状態。これが、数日続いて、何かをきっかけに、本当の意味でぐっすり眠れて、長時間、ベッドにいれたことになる。
 眠りが短いときの特徴は、早朝に目が覚めてしまって、一日のリズムが変ってしまうこと。観察していてわかったのは、気温が下がって、体温もいっしょに下がってしまって、寒くて横になっていられないから、起きて体を動かしたり、温かいものを飲んだりして体温を上げる。とは、いっても、充分上がりきるわけでないから、二度寝とかはできない。まぁ、こうなると、食事のリズムが変ってしまって、結局、次の日も、その次の日も、悪くなって階段落ちしていくようなもの。ゆるやかに悪くなる睡眠障害は、だんだんと体力も奪うから、運動する力も落ちて運動もしなくなるし、体力が落ちるばかりだったな。
 基本、体温が低いから、起きていることもわかっていたので、風呂に入ればいいということになりやすい。確かに、風呂に入れば、寝つきがよくなってすぐ眠れるけど、結局は、体温が朝方下がってしまうから、無駄だったりする。もう一つしていたのは、冬場なら電気式毛布を入れておいて、朝方、温度を上げるようにする。これは、まぁ、うまくいくんだけど、冬場以外はつかえないテクニックで、でも捨てられないとはなってるんだけどね。
 そろそろ、簡単にまとめると、結局は、早朝が体温が下がるのは、意外にも朝食にあるんだよね。死ぬまで、毎日とはいわないので、朝食を、バターたっぷりのトーストを思い切りたくさん食べて、昼は食べないでいられるようにして、夜も寝る4時間前以上に、お腹いっぱいに食べればいい。昼食を抜いていれば、食べすぎるってことは、起こり難い。で、体温がしっかり上がってくるのを実感できればいい。あと、体温が上がるからといって、酒はよくない。せっかく食べたカロリーを酒でどんどん燃やしてしまうので、結局は早朝には冷えてしまうこと。どうしても、酒を飲みたいなら、夕食の1時間前に飲んで、しっかり、夕食が食べられる程度に量をセーブすることかな。
 とにもかくにも、医者の世話になるほどでない睡眠の悪さは、体温管理だ。あと、眠れなくなる原因には、病気もあるので、病気については医者に診察してもらった方がいい。あくまで、元気なのに、眠りが悪い場合は、朝食をチェックしてみて、食べ方を変えながら、コツを掴むといいと思う。

【1】朝ごはんはすごい – 一生太らない食べ方習慣 – (正しく暮らすシリーズ) 単行本(ソフトカバー)

朝ごはんはすごい – 一生太らない食べ方習慣 – (正しく暮らすシリーズ) 単行本(ソフトカバー)

【1】睡眠障害のなぞを解く 「眠りのしくみ」から「眠るスキル」まで (健康ライブラリー) 単行本(ソフトカバー)

睡眠障害のなぞを解く 「眠りのしくみ」から「眠るスキル」まで (健康ライブラリー) 単行本(ソフトカバー)