健康」カテゴリーアーカイブ

αリノレン酸のバランスはキャノーラ油でいいのかもしれない。経済的にも。

 みなおしてもいいかも、キャノーラ油。

 スーパーでは、当たり前のようにえごま油が売ってるようになったものだ。えごま油のαリノレン酸のことを知ったときは、売っているところといったら百貨店ぐらいでほとんど見かけることがなかった。その上、高価なので買うこともできず、どんな風になるんだろうと思いつつ眺めていた。その時、いろいろな油を食べられる範囲で食べてみたけど、結論としていえば、古い油が自分の身体にあわないってこと。古くなるのは、安い油を1リットルとか買って、これをケチケチ使っていると、ひどいと半年以上もたってしまう有様だったわけで。だから、古くならなければ、なんでもいいと、少量になってる油をケチらず使うこと、で、調度よかったのが、100円ショップの植物油と、業務スーパーの200円前後のごま油やオリーブオイル、あとは、ラードということに。ラードは植物油より長くつかえるのも実感していた。
 このところ、低たんぱく質高炭水化物の食事をして、油が美味しいし欲してる感じがしていたので、100円ショップのキャノラー油を買ってみて、身体の様子を見つつケチらず使っていて、キャノーラ油で体調がよくなったのかはわからないけど、日に日に体調もよくなってるしと、一ヶ月しないうちに使い切った。これなら、大きな1リットルでも、春の暖かい盛りまでにはなくなるだろうと、コストパーフォーマンスのいい1リットルを買うことにして、いろいろチェックしていたら、キャノーラ油にもαリノレイン酸が含まれているということを知った。えごま油をケチケチ使うなら、キャノーラ油でも充分だと思い、とうとう1リットルを買って今日使いはじめた。
 たぶん、日本人が天ぷらやフライをよく食べるのは、キャノーラ油が魚油と同じαリノレン酸があるから、身体が自然にもとめて食べたくなるのではと。ただ、本当に食べたいのキャノーラ油であって、中の肉やら野菜は関係なくて、肉ならたんぱく質が多すぎになり、野菜が多いと炭水化物が少なすぎるって感じで、揚げ物で体調が悪くことも実感しているはずなんだけどね。結局は、ご飯にキャノーラ油がよくあってるってことかもしれない。
 今、一番美味しいキャノーラ油の使い方は、トーストにバターやマーガリンではなくて、キャノーラ油を大さじ一杯ほどをケチらずかけて、そこに塩をふって食べるとすごく美味しいんだよね。揚げ物より美味しい。あとは、おすすめするようなのはなく、炭水化物にはキャノーラ油がよくあうことは確か。もし、このまま、一リットルのボトルを3ヶ月以内に使いきって太ったら、また、100円ショップの少量ボトルにして、ケチケチ使って調整するつもりでいる。太らなければ、大切な食材としてキャノーラ油を使いつづけると思う。ま、収入が増えたら、もっと高い油でもいいんだけどね。



自律神経のジレンマ:結局は自律神経なんだよなぁ、便秘も血圧も血糖も体温も睡眠もぉ!

 蒲団は例年より薄いのだけど、よく眠れるようになっているし、これにあわせて便通がよくなって毎日連続でいい感じのがでてるし、ま、温かくなってるからだとは思う。血圧や血糖もたぶんよくなってるはず。
 自律神経のバランスが大切なのに、自律神経ではなく、それぞれ細部のことをやってもうまくいかないってことだなぁ。例えば、便秘のために、下剤を毎日飲んだり、下剤だとカラダに悪いだろうと乳酸菌を多くしたり食物繊維を多くしたりしても、自律神経のバランスの悪さに飲み込まれてしまうだけで、結局は、うまくいかなくなって、そういう方針が欲望となっているから、うまくいかなくなるとイライラになって、さらに自律神経のバランスが悪くなってしまうということだ。これが、自律神経のジレンマということだ。
 もう少し様子をみて、自律神経のバランスがよくなったら、その方法をまとめたいとは思うけど、とりあえず、今ハッキリしているのは、それぞれの不調に対して、それを意図的に正常に戻そうとしても、絶対に戻らないって幹事がする。これは、自分の人生の中でもそうだけど、うまくいくのは、最初の一ヶ月ぐらいで、たちまち効果がなくなっているし、効果がなくても続けていても、結局は効果がないからやめて別の方法を試すというかんじだった。ただ、有効だったのは、早めにあきらめて別の方法をさがしてやってみるということだ。そうやって、ぐるぐる回していると、ま、調子はいいことはいい。なんか、カラダの騙しあいみたいな感じでね。ま、いろいろな方法を試したからこそ、自律神経のバランスを整える方法に到達できそうなのが、今ではある。
 たぶん、根本的な乱れのはじまりは、子供のときだと思う。子供が自分の食欲を主張できなくなって、親の考えで食べされ続けることで、運がいい子供は自律神経のバランスをとれて、悪い、まぁ、ほとんどの人は悪くしているんだろう。で、太ることとか、自律神経の乱れのために、もっと悪い食事にしてしまうのだろうと思う。猫や犬とか見ててもわかるけど、自然な食欲のままに食べたいだけとにかく食べるみたいな感じだなら、ちょうどいいのだろうけど、人間がかかわって不自然なことをすると、太った猫や犬になってしまうわけで。ということで、食欲と自律神経は大きく関係しているんだろうなぁ。
 だから、結局は、食べることが生存の全てなんだから、薬を飲んで調整するんじゃなくて、食べることを見直すのが一番なんだと思う。自律神経のジレンマは、食欲で解決するしかないのだとも言えるなぁ。



銭湯から内風呂になったのが、花粉症が国民病の原因かもしれないこと。

 なんか花粉が飛んでるような気がするのは気のせいかなぁ。まぁ、どっちにしろ、もうすぐたくさん飛び出して、花粉症で苦しむ人たちが、マスクして歩くようになるから、それでハッキリするよね。自分は、もともと花粉症とか一年中アレルギー性鼻炎で苦しんでいたけど、あることで、ならなくなった。ただ、どれがどれでどういう風にとかいうのがよくわからない。今年は、ハッキリすると思う。
 花粉症が広まりだしたのは、日本が高度経済成長してるころっていっていいのかなぁ。戦後、復興のためなのかしらないけど、杉の木を植林しまくって、それで花粉を飛散しはじめたのが、重なっているからなのか、今は杉の木が多いことが原因だということに落ち着いている。でも、本当なんだろうか? 外国人がこの時期来日すると、花粉で苦しんだという噂とか話は聞かない。身近でも知ってるのは、成田空港で到着した外国人が、東京まででてくる間にインフルエンザに感染してしまい発熱してひどいことになるってのはある。そりゃそうだ、日本人は、風邪ひいても電車に乗ったりしているわけで。なのに、花粉はなんだよ。あと、日本人もまったく花粉症にならない人もいる。ただ、本来アレルギーなら、だんだんと耐性ができたり対応できたりするはずなんだけど、いつまでも花粉症をひきずって毎年苦労しているみたいだしね、本当にそうなんだろうか、杉の木が多いの原因なのか?
 自分も苦労したから、植物油を減らせばいいんじゃないかとか、いろいろなことをしていて、いろいろなことをしているから、どれがよかったのかわからないでいる。乳酸菌が効くというのもあって、試してるし、ま、効いてはいると思うけど、なんか根本的に違うような気もしている。
 たどりついたのは、風呂。自分が風呂に週に一度だけに切り替えたのが良かったのではと思っている。前住んでいたときは、都市ガスだったので、毎日風呂、多いと一日に2回とか。こちらに越したときは、プロパンガスの高さにびっくりして、はじめは週3。それが、たまたま、韓国映画が好きになって、韓国では家に風呂がないから、週に一度、サウナにいくみたいな感じだと。あと、日本でも、永平寺の修行僧が、4と9がつく日、4、9、14、19、24、29日に入るだけ、それも身体をさっと洗うだけとかあって、週一に減らした。ただ、他にもいろいろしていたから、風呂だと断定はできなかっただけで。
 結局、自分が小学生低学年までは銭湯で、風邪引いた記憶がないのに、マンションで暮らすようになって、風呂に入る回数が増えたことで、いろいろ不調がでたとしか思えないし、それに、先に外国人の話をだしたように、外国人は、基本風呂に入らない、たまに洗うだけ。日本人の風呂の入り方がグローバルでは異常なんであって、そういうことで言えば、杉の木の数より、銭湯ではなく、内風呂ばかりになったのが、花粉症が国民病になったと断言したくなっている、今日この頃なのである。