ニュース」カテゴリーアーカイブ

東京でもすでに住宅の11%が空き家になっています

空き家問題放置の一方で建設ラッシュ。歪な住宅政策が招く資産崩壊 (HARBOR BUSINESS Online) – Yahoo!ニュース

「空き家が増えているのは、過疎化の激しい地方だけではありません。東京でもすでに住宅の11%が空き家になっています」

ここらを歩いていて自分の目で、かなり見て回っている。空き家も多いし、空き部屋もある。古い家を壊して新しくするところが多くなってるのもわかる。問題になりそうなのは、もとの土地に住んでいた人の数より、多くなるように建て替えられて、賃貸になったり戸建てとして販売される。人口が増えてるわけでないから、これからはどんどん、空き家が増えていくということだ。ただ、古い空き家は減ってはいくのだろうけど。とにかく、空き家は空き家であって、使われてない住宅は、ただの無駄使いになって、日本経済を圧迫していくはず。一番見ていて、頭が痛いのは、企業や役所とかの団地だ。高度経済成長してたころに、持ち家を個人がもつのが難しかったときに、賃貸を借りるよりよいと造られたのだろうけど、職員用住宅の開きはかなりひどいようだ。で、売るなり壊すなりするなら、まだしも、お金をかけて維持しているように見えるところが、どれだけ経費として使って、つまり、経費だから利益を削ってるわけで、その分税金が納められていないだろうし、あるいは、商品の方の価格に入っているかと思うと腹がたっても断ち切れないほどガッカリしてしまう、そういう団地や社員寮とか見ると。まぁ、普通の賃貸も開いたままだし、ネットの賃貸情報ページでチェックしていても、相場通りに決まるわけでない。なのに、反面、あっという間に決まる物件があると、結局は、不動産屋しだいなんだろうという気もして、なんかなんともいえない後味の悪さまでしてくる具合だ。結局は、解決する方法がないから、不動産を所有している人たちが、まず痛い目にあって、それが国全体に響くようになる日が必ず来るということになりう。とくに心配なのは、もともと先祖代々と所有している大地主みたいな不動産所有者は、手放すだけですむけど、ローンを組んでやっと一つ我が家を手に入れた人たちが、返済にいきずまって、売ったら、借金が残ってしまうとか、売らずに担保として、銀行から取られたとして、銀行がその物件を売っても、ローンで得た利益がほとんど食われてしまったら、銀行もたいへんなことになるわけで。だからといって、政府が、不動産相場を下げないように市場操作したなら、賃貸に住む人もマイホームを買う人も、苦しむだけだし。もう、地獄しか見えない感じがするのが、なんとも気分を暗くする。なので、空き家が問題なんじゃなくて、いい加減、新しい家やビルを建てるのは規制するしかないんだと思う。それと、もっと不快なのは、街の美しさとか一切関係なくやってきた都市計画のなさをなんとかしてほしいものだ。まずは、都市計画がない建築は規制するしかないんだと思う。やっぱり、無理だよなぁ。やっぱり、もう、大企業の本社移転をして、本社の回りに職員が住むような都市計画ができる政治家がでてくれるのを祈るしかないのかも、とほほ。

憲法でうたう「健康で文化的な最低限度の生活」を過ごすため

■ 2017年にはぶっ壊したい、こどもの貧困を生みだす日本の5つの仕組みとは(駒崎弘樹) – 個人 – Y a h o o !ニュース

憲法でうたう「健康で文化的な最低限度の生活」を過ごすため、我々には生活保護というセーフティネットを頼る権利があります。例えば病気や怪我などで働けなくなってしまって、実家も頼れない時。働いても賃金が低すぎて、とても家族を養えない時。役所に言って相談すれば、我々は支援を受けることができます。

bylines.news.yahoo.co.jp/komazakihiroki/20170104-00066222/

もっと悪くなるのかなぁ? 東京株918円安=長期金利、一時マイナス0.035%かぁ

時事ドットコム:東京株918円安=長期金利、一時マイナス0.035%-世界経済懸念でリスク回避

平均株価の終値は前日比918円86銭安の1万6085円44銭で、下げ幅は2013年5月23日以来の大きさだった。

 東京株918円安=長期金利、一時マイナス0.035%かぁ

 日本の株価は、政府が上がる上がるって煽って上げてきただけで、日本の構造改革は進んでいないし、企業自体、新しい仕事や商品をつくりだしてきたわけでない、それ以上に大企業も政府なみに、口だけで何もしてないような状況だったもんだしなぁ。だから、今後もこのままなら、株価は不安定なまま下がり続けると思う。
 たぶん、日本のエリート層が陰湿でずるく競争をせず、談合によって、それも有利の立場から経済活動をしているからだと思う。とくに大企業なんか、実質の利益を上げてるのは30~40代がガンバって働いていて、それ以上の層は、ひたすら社内政治と、下請けなどの社外に対してはいかに利益を搾取するかが仕事って感じなんだと思う。マイナス金利によって、金の流れが銀行預金から株式への直接投資に変るとかいって、週刊誌に株価は上昇するという記事もあったけど、株価が上がっても実績が上がるわけがないから、結局は売られやすくなって、落ち着いて仕事ができるような環境ではなくなるだけで、ひどければ、株式会社そのものが自滅していくんだと思う。とにかく、本来の仕事をせずに所得が高いっていう企業体質は、変化になんか対応できるわけがない。こうなると、株式会社は自滅して、新しく本当に実力がある会社が立ち上がってくるのを待つしかないってことになって、この時間がかかればかかるほど、国際競争についていけなくなって、日本はダメになってしまうんじゃないかということも危惧したくもなる。
 とにかく、変化に適応しない日本人は、これからのビジネスではつらいと思う。その点、アメリカは変化を好むし、自分達が変化することで、他国が自滅することで、さらに利益が得られるということも、見ていて、そうやっているんだと思う。もともと、東京株の値下がりまで、アメリカは金利を上げたりして揺さぶりをかけて変化したわけで、最初のうちは、うまくついていけたのに、日本は逆に金利を下げるマイナス金利をして、みごとにこけてしまったわけで、本来なら、日本はアメリカより先に利上げして、企業に苦労させてそこから立ち上がるよう厳しくしておけばよかったのに、未だに、甘やかす保護をするから、もう、世界中から日本の企業は見放されていったのが、今日なんじゃないかな。となると、日本株は、日本人どうしだけで売買することになるんだろうけど、これまた、日本人は損切りとかが下手で、取引量まで下がっていってしまい。結局、バブルがはじけて、株が全然売買されなくなった時を繰り返すことになるんじゃないかな。で、そうなってしまうと、今の政府には、何もできることはない。構造改革しようとしても、信用を失ったのならできるわけがないからね。
 もし、日本の株だけ、2月中下がりつづけたら、リーマンショックの前のバブル崩壊のときと同じになって、なかなか景気はよくならないと思う。貧乏な人が増えて、消費もできなくなるだろうし、一番、気の毒なのは、景気がよくなりそうだと借金してマンションとか買ったりした人たちは、返済できなくなるか、返済するために生活が苦しくなるまできりつめていかないとなくなるだろうな。
 変らないと苦しくなるようになったら、変るしかないんだよなぁ。まぁ、貧乏に強くなれるかが重要な鍵となるのかも。