投稿者「beacus」のアーカイブ

それでもWindowsを使いますか? 【超軽量LINUX編】

リナックスが使えるようになるためには?

Windowsはネットや販売店で買えば、オンにするだけで使えるようになります。そこへいくとリナックスは、OSをインストールしないとなりません。そこが面倒で、わからないこともあって敷居が高くなっているはずですね。リナックスは無料だから使いたいなぁと思ってる方が、たぶんこの記事を読んでいられると思います。ずばり、超軽量リナックスなら、OSのファイルが小さいので簡単に習得しやすい。ダウンロードに時間がかからない。動くのも速い。もし、失敗しても、すぐやりなおせる。OSが動きだしたら、他の大きなリナックスでも難しくなく落ちついて始めることができるはずです。

用意するものは古いパソコン

自宅に古いパソコンはありませんか? 今使ってるパソコンにリナックスをインストールすることはできますが失敗して壊しては大変です。できないことはないのですが、知らないことを不安にすすめると、間違うことが多いですよね? もし、使っていないパソコンがWindowsXP以上なら、ほぼ大丈夫です。リナックスの大変なのは、すべてのリナックスが動くわけではないのです。動くものもあれば、動かないものもある。ただ、超軽量リナックスなら紹介する2つのうち一つは動くはずなのです。もし、古いパソコンを所有していないなら、ハードオフのジャンクパソコンでもいいでしょう。安ければ、ダメでもと。私はハードオフでジャンクパソコンを1000円で購入しました。しっかり使い物になっています。購入のポイントは、ハードディスクをフォーマットできたと表記されてることです。あとは、店員に、DVDドライブは読み込むか聞いておいて、そこさえ大丈夫なら使えるはずです。あとは、ネット通販で、一番安い中古パソコンもあります。こちらはWindowsがついていて、この記事を書いている時点で5000円ぐらいからありました。OSなしのものなら5000円程度でも、OS付より性能が高くなっていましたね。

実は、ここまでくれば、あとは楽みたいなものです

細かい方法はほとんど検索すれば見つかるはずなので、ここからは要点だけをまとめます。用意するリナックスは、PuppyLinuxの5と4の二つです。一つずつでもいいでしょう。公式ホームページから、isoデータをダウンロードして、CDにそれぞれ焼けばいいだけです。この記事を読んでる方のパソコンはたぶん、CDにデータを書き込めるはずです。フリーソフトもあります。CD意外の方法も公式ホームページに紹介されてますが、あくまで、CDに書き込んだ方が、次の大きなリナックスに進むためにも、大切なステップになります。ちなみに、このCDのことをライブCDといいます。このライブCDをリナックス用のパソコンにセットして入れて起動すれば、あとは、ハードディスクにインストールするプログラムがあるので、その支持に従うだけです。うまくいけば、次からハードディスクから普通に起動します。古いパソコンにもCDやDVDにisoデータを焼けるものなら、リナックスからも焼けます。次の大きなリナックスをダウンロードして、新しいライブCDがつくれます。私は、CD-RWとDVD-RWを使ってます。何度も書き換えることができるので。

パッピーリナックスが動いてしまえば

たぶん、5と4も両方動くはずです。どちらも、ネットを見るのは有線なら難しくありません。学習研究がすすめば、パーティーションを切ったり、4と5両方を使い分けることもできるし、パッピーリナックスの場合、簡単にバックアップもできるので、つまり全体のサイズが小さいので、ただコピーしておくだけです。とにかく、サイズが小さいので、ライブCDから最初からやりなおすこともできます。何度でも、やってみているうちに、後、ネット検索で調べれば、どんどん力がついていくはずです。ただ、5と4だと、ブラウザーが古いままであったりでいずれは不満もでてくるでしょう。パッピーリナックスは、どんどん成長しているので、最新のものを見つけて、それを活用してもいいし、世間で有名なUbuntuにしてもいいでしょう。ただ、Ubuntuぐらいになると、パソコンの性能が高いものでないとイライラして使えないというのも現実にあります。そこで、OS無しの性能が高いパソコンを買うというのもありですね。だから、最初に書いた通り、はじめは自宅にある古いパソコンか、ハードオフのジャンクをというのがオススメなんですね。それと、自宅にある動く古いパソコンがハードオフでwindowsを消去して売ってあるわけで、だから、ジャンクで動きそうなら、ほとんど自宅にある動くパソコンと変わらないわけです。

結局、軽量リナックスがいいとなるかも

普段使うのがネットだけなら、軽量リナックスになると思います。パッピーリナックス以外にも、便利でいろいろ最初からできるような軽量リナックスもあります。自分にあったリナックスを探すのも面白いはずです。ただ、OS全体のファイルサイズがぐっと大きくなるので、ダウンロードに時間がかかるし、DVDに焼く時間もかかる、起動じたいは大差はないですが、ハードディスクへインストールは同様に時間がかかります。なので、自分は、パッピーリナックス系で常に新しいものを取り入れる方にはなりそうですね。まぁ、できる限り、Windowsは新しくしないというつもりではいますが、そこはわかりません。必要ならば買い換えるしかないのですが、その時も中古パソコンで性能が高いものを安く買うつもりはあります。それは、意外にパソコンは丈夫なんですよね。運が悪い人は故障してはいるようですが。今回ジャンクパソコンを買ったのは、自宅にある古いパソコンがWindows98マシンなので、パッピーリナックスはさらに古い2でないと使えなかったので、ずっと探していて、とうとう1000円で見つけて速攻で買い求めました。で、思った以上に使えるようなので、今回記事に書きました。ぜひ、試してみてください。おわり。

さようなら

森鴎外 追儺:悪魔に毛を一本渡すと、霊魂まで持つて往かずには置かないと云ふ、西洋の諺がある。 あいつは何も書かない奴だといふ善意の折紙でも、何も書けない奴だといふ悪意の折紙でも好い。それを持つてゐる間は無事平穏である。そして此二つの折紙の価値は大して違つてはゐないものである。ところがどうかした拍子に何か書く。譬へば人生意気に感ずといふやうな、おめでたい、子供らしい、頗る sentimental なわけで書く。さあ、書くさうだなと云ふと、こゝからも、かしこからも書けと迫られる。どうして何を書いたら好からうか。役所から帰つて来た時にはへと/\になつてゐる。人は晩酌でもして愉快に翌朝まで寐るのであらう。それを僕はランプを細くして置いて、直ぐ起きる覚悟をして一寸寐る。十二時に目を醒ます。頭が少し回復してゐる。それから二時まで起きてゐて書く。 昼の思想と夜の思想とは違ふ。何か昼の中解決し兼た問題があつて、それを夜なかに旨く解決した積で、翌朝になつて考へて見ると、解決にも何にもなつてゐないことが折々ある。夜の思想には少し当にならぬ処がある。 詩人には Balzac のやうに、夜物を作つた人もある。宵に寐かして置いた Lassailly が午前一時になると喚び起される。Balzac はかう云つたさうだ。君はまだ夜[#「夜」は底本では「外」]寐る悪癖が已まないな。夜は為事(しごと)をするものだよ。さあ、ここにがある。これを飲んで目を醒まして、為事に掛かり給へといふ。卓の上には白紙が畳ねてある。Balzac は例の僧衣を著て、部屋の中をあちこち歩きながら口授する。Lassailly はそれを朝の七時まで書かせられるのであつたさうだ。併し Balzac は午前八時から午後四時まで役所の事務を執つてはゐなかつた。そこを思ふと僕の夜の思想はいよ/\当にならなくなる。先づ兎も角も机に向つて、筆を手に取つて、何を書かうかと考へる。小説にはかういふものをかういふ風に書くべきであるといふ事を聞せられてゐる。しかも抒情詩と戯曲とでない限の作品は、何でも小説といふ概念の中に入れられてゐるやうだ。戯曲なぞにはそんな註文がないが、これは丸で度外視せられてゐる為めであるらしい。
www.aozora.gr.jp/cards/000129/files/693_18396.html :

森鴎外 追儺