{793}岩倉知広

 
春の小川は
 
いつものように
 
流れていたね