斎藤正則

 
満開の桜が
 
あの頃を思い出させて
 
夕食の献立を考えたところ