月別アーカイブ: 2018年2月

次のメインパソコンの予定は、WindowsじゃなくてLinuxだなぁ。

もともと、MS-DOS時代、使ってたのは、MSXMacのカラークラッシクだったし、そのあと仕方が無くお古のPC98だったり、WindowsMeだったわけで、もともとマクロソフトに愛着があったわけでなかった。当時からUNIXへの憧れがあったし、今のWindowsDELLで安かったから。で、今後は、中古でもっとPCが買えて、OSも無料でLINUXが手に入るから、そっちでいこうと思う。

 

898_【谷塚駅のホームから線路内に入る/草加@人身事故@】東武伊勢崎線

東武伊勢崎線で人身事故 電車にはねられ女性死亡、谷塚駅のホームから線路内に入る/草加埼玉新聞) – ニュース:24日午前6時25分ごろ、埼玉県草加市谷塚東武伊勢崎線谷塚駅で、南栗橋発中央林間行き上り急行電車に女性がはねられ死亡した。 草加署によると、電車が駅を通過した際、女性がホームから線路内に入ったという。乗員、乗客にけがはなかった。女性は20、30代とみられ、同署で身元などを調べている。
 

 

草加市Wikipedia 経済成長期における1963年(昭和38年)の松原団地の造成や、東武伊勢崎線営団地下鉄(現東京メトロ日比谷線相互直通運転開始により人口が爆発的に増大し、急激な都市化が進行した。それに伴い移住して来た人々が多いため市民の平均年齢は比較的若い。また、2003年(平成15年)3月19日からは半蔵門線東急田園都市線との相互直通運転も開始され、都心への利便性が更に向上している。毛長川を隔てて東京都足立区と接しており、東京に通勤・通学する、いわゆる「埼玉都民」が多く、市内の広範に住宅地が広がる。一時期の団塊ジュニア時代よりも草加市の子供の人口は少ないものの、若年層の人口は比較的多い。自動車での移動も、以前からあった南北を結ぶ国道4号に加えて、東京外環自動車道やその高架下を利用した国道298号も開通し、東西の移動が格段に向上した。中心部は、都心まで約15kmという立地にありながら宿場町の面影を残す住宅地である。現在、松原団地の建て替え、再開発や草加宿を中心とした都市計画「今様草加宿」が進められている。2000年(平成12年)に彩の国中核都市に指定、2004年(平成16年)に特例市に移行した。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%89%E5%8A%A0%E5%B8%82

平綱浩貴

平綱浩貴

■ 雛祭り – Wikipedia 江戸時代までは、和暦(太陰太陽暦)の3月の節句(上巳、桃の節句)である3月3日(現在の4月頃)に行われていた。明治の改暦以後は一般的にグレゴリオ暦新暦)の3月3日に行なうことが一般的になった。一部の地域では、引き続きに旧暦3月3日に祝うか、新暦4月3日に祝う(東北・北陸など積雪・寒冷地に多い)。旧暦の3月3日は、桃の花が咲く時期であるため「桃の節句」と呼ばれることが多い。また、江戸時代には、9月9日の重陽節句雛人形をもう一度飾る「後(のち)の節供」という飾る習慣があった。香川県三豊市仁尾町の一部では、雛祭りは行わず、八朔に雛人形を飾る。これは、戦国時代に仁尾城が落城したのが旧暦3月3日であったためとされる。兵庫県たつの市御津町室津地区では、ひな祭りを旧暦8月1日に行っていた。『室津追考記』によると、永禄9年1月11日(1566年2月1日)、室山城主・浦上政宗の次男・清宗と小寺職隆の娘との間で挙げた祝言(結婚式)の夜に、かねてより対立関係にあった龍野城主・赤松政秀の急襲を受けて政宗は清宗もろとも戦死し、花嫁も亡くなり、室山城は落城した。室津の人々はこの出来事を悼み、非業の死を遂げた花嫁の鎮魂のために、3月3日ではなく、半年遅れの八朔に雛祭りを延期したとされる。戦後、この風習は長く途絶えていたが、近年、町おこしの一環の「八朔のひな祭り」として復活した。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%9B%E7%A5%AD%E3%82%8A