落合文太郎

 

 

それにしても、どこへいったのだろうか?